ハゲと髭に自信を持とう!絶対カッコよくなれる!

今現在若くしてハゲや髭で悩んでいる方へ。

それは将来の財産になります!

ハゲていても髭が濃くても絶対にカッコよくなれます。
今は同世代との差がつきやすい時期。周りと比較する目が気になるかもしれません。

でも、年齢を重ねればいずれ髪の毛は薄くなります。

そんなときにハゲと髭がカッコよくなるのです。

私も若い時はハゲと髭に悩んでいました。

濃すぎる髭に悩む日々

私は20歳を過ぎた頃から髭が濃くなってきました。

頬や首筋にもビッシリ生えるほどの濃いひげで、ひげを剃るのにも一苦労です。

何より悩みだったのがカミソリ負けの痛みと青ひげの見た目の悪さ。

仕事柄、毎日髭を剃らないといけなかったのですが、髭剃りのカミソリ負けがひどくて、朝剃っても午前中いっぱいくらいはヒリヒリとした痛みが続きました。

ワイシャツの襟が頬に擦れるたびに、ヒヤ~っとした痛みがあって大きなストレスになっていました。

また青ひげの見た目の悪さもコンプレックスでした。

青々と目立つ顔で、周りの視線も気になっていたし、何より鏡を見て自分自身の姿に毎回がっかりしていました。

ひげを薄くするサイトなどを参考にして、どうすれば髭が薄くなるのか?青ひげが目立たなくなるのか?ばかり考えていました。

M字の薄毛に悩む日々

髭についての悩みが大きくなる一方で、髪の毛もだんだんと薄くなっていきました。

いわゆる「M字ハゲ」になって、生え際の両サイドから薄くなっていき、前頭部全体の頭皮が見えるほどの薄毛になっていきました。

30歳を過ぎた頃だったので、それは本当にショックでした。

もともと薄毛家系なので、いずれは薄くなるかもしれないと思っていましたが、まさか自分がこんなに早く薄くなってくるとは思ってもいませんでしたから。

自分が薄毛だ!と気がついた日から、生活習慣や食生活を改善したり、髪に良いと言われることはひと通り試しました。
薄毛を治す育毛剤というものも使用したし、育毛シャンプー、育毛サプリメントも試しました。

ですが、結局薄毛は治らず、加齢とともに徐々に薄くなってきています。

歳を重ねていい感じになるハゲと髭

髭の濃さも薄くならないし、ハゲも止めることができなかったので、次第に諦めました。自然の摂理を受け入れようと考えるようになり、ハゲていても髭が濃くてもカッコよくなる方法を追求しました。

それが短髪でありちょっとだけ生やす無精ひげです。

短髪は薄毛やハゲにピッタリの髪型です。というかコレしかありません(笑)

薄毛やハゲの人で最もかっこ悪いのは、抵抗して髪の毛を長く伸ばすこと。

薄毛になった髪の毛を伸ばしても見窄らしさが増すだけだし、ハゲなら尚更です。

残っている髪の毛を切るという行為は大変勇気のいることですが、思い切って短髪にした方が清潔感もありハゲがカッコよく見えます。年齢を重ねた白髪混じり短髪は本当にカッコいいです。

また、無精ひげもいい感じです。

歳を重ねればひげは白くなっていくし若干薄くなっていきます。

ひげが白くなるということは青ひげもなくなるということ。ひげを剃った時の青さもなくなります。

白髪混じりの短髪と白い髭が混じった無精ひげの相性は抜群で、誰でもカッコいい雰囲気を作れる組み合わせです。

今現在、ハゲや髭に悩んでいたとしても悲観しないでください。

年を取れば誰しもなることだし、短髪や無精ひげにこだわればかなりカッコよく振る舞えるはずです。

もっとハゲや髭を研究して、カッコよく見せるポイントを経験しましょう。

ネガティブなことばかりではなく、自分でポジティブに変えていきます。自分の気持ちが前向きになると外見にも現れてくるので、カッコいい雰囲気がでてきます。

ハゲや髭は将来への財産ですよ。いまのうちに研究しておきましょう!